本文へスキップ

NPO法人 エコ住宅リサイクルバンクは、3千円以上の寄付を100人以上のかたにお願い致しております。

TEL. 050-5526-1463

〒231-0836 横浜市中区根岸町2−100

一般社団法人 本牧LRV協議会GENERAL INCORPORATED ASSOCIATION HONMOKULRV COUNCIL

協議会設立目的

  • 三渓園は欧米諸国の要人が横浜を訪れた際、記念に視察・見学を希望する。
    また欧米諸国から来日した観光客で賑わいをみせているのは、わが国の伝統的な邸宅様式を持つ「三渓園」である。しかし、近年の年間入園者数は減少の一途を辿りピーク時の50万人から、2011年度の来園者は約25万人です。即ち、本牧地区へのアクセスは市営バスに100%頼らざるを得ない状況で十分とはいえず、国内外の観光客の来訪意欲減退の原因となっている。
    多くの市民から次世代型低床式路面電車の復活の声が寄せられています。

NEWS新着情報

2013年06月03日
「本牧の未来の交通網を考える会」第14回会合
 


次世代型蓄電池式低床路面電車が本牧の地を走る!!路面電車

リトルアメリカの地・本牧に、世界初のLRVが走る!

未来の本牧LRV

快適な都市内交通、環境にも市民にも優しく、街のシンボルともなるものとして低床式LRV(Light Rail Vehicle)は、すでに世界の各都市で導入され、それまでの路面電車の概念を大きく越えるものとしてその有効性が高く評価されています。 日本では、さまざまな理由からフルフラットの100%低床式LRVは製造されておらず、国内で使用されているものは海外からの輸入に頼ったものであり、日本の都市構造や気候風土に適したものが持ち望まれ、川崎重工は次世代型低床電池式駆動LRV「SWIMO」の実証実験を函館で行っています。
私たちは、EV安全協会の山下浩二博士を技術顧問に迎え、川崎重工の「SWIMO」をベースとした未来型のLRVの勉強会を始めました。
川崎重工(株)「SWIMO」


ストラスブール・LRT

ヨーロッパ・スーパー路面電車が行く

フランス東部のドイツ・スイス国境に接するアルザス地方に位置するストラスブールは人口26万人。都市圏全体で45万人と都市の規模としてはヨーロッパとしては中小都市になります。ストラスブールのLRTは「LRTと言えば」として必ず出てくると言っても良いほど。いわば「LRT=ストラスブールモデル」というイメージすら与えています。
映像を見る


t富山・LRT

富山ライトレールの車窓から

日本初、本格的LRTが走る、富山ライトレール・富山港線 地域に密着した安全・便利・快適で、人と環境にやさしい公共交通を目指して、2006年4月29日に富山ライトレール(株)が運行する富山港線が開業しました。当路線は、2005年度までJR西日本鰍ェ運行していた地方鉄道線を富山市が引き継ぐとともに、路面電車化される。
映像を見る  参考資料


 


国土交通省:発表資料協議会

国土交通省道路局
国土交通省道路局LRT(次世代型路面電車システム)の
導入支援
                         参考資料
都市・地域整備局
1.都市計画課「まちづくりと一体となったLRT導入計画
  ガイダンス」
                         参考資料
2.路面電車の乗り継ぎ等実証実験の実施
                         参考資料
社団法人日本交通計画協会ライトレール研究部会
路面電車
                         参考資料            

路面電車(LRV)復活運動

本牧の未来の交通網を考える会

「本牧の未来の交通網を考える会」第5回会合

藤木会長あいさつ
これまで検討に参加し、各方面で尽力してきた出席者や事務局に謝辞を述べた。
会長は、「世界の港の中心」は本牧であり、横浜は日本経済の中心になる場所である。 地下鉄の延伸は、議論が多い中で個人的には反対である。LRTか、モノレールかがいいと考えている。
                     議事録  タウンニュース
本牧の未来の交通網を考える会

「本牧の未来の交通網を考える会」初会合

2012年3月27日、呼びかけ人・発起人会長 藤木幸夫氏が欠席のため、会長代行を務める横浜本牧観光協会会長 鶴田理一郎氏が藤木会長欠席の理由を説明するとともに、今日までの経過報告を行った。 続いて、一般社団法人EV安全協会会長 山下浩二氏が挨拶した後、公共交通の「最新技術動向」として川崎重工業株式会社担当者がモニターテレビを用いての映像説明を行った。
                        議事録  参考資料
第1回署名活動スタート

第1回署名活動開始

2009年12月6日から、第1回本牧地区住民のかたへの署名活動をマイカル本牧1番街店前にてスタートをさせました。多くの方がたの貴重なる署名を頂いております。
今後とも、LRV復活運動を進めて参りますのでご理解とご協力のほど、
よろしくお願い申し上げます。
                   新配布チラシ  旧配布チラシ
第1回本牧地区地域会議スタート

第1回本牧地区市民説明会開始

2005年2月26日に、本牧中学校コミニューティハウスで第1回市民向けのLRV説明会を開きました。参加者30名での初会合となり、事務局側から今後の活動方針の説明後、参加者の皆様と討論に入り多くの有意義なご意見を頂きました。

第1回本牧地区地域会議スタート

リチウムイオン蓄電池式低床路面電車

              【本牧間門を走るイメージ】
2008年2月に福井大学 荻原隆教授は15kWhのリチウムイオン電池でLRVの走行試験を行い、5km走行させました。最高速度60km/hまで到達し、ブレーキ時の回生エネルギーもリチウムイオン電池で取り込むことに成功されました。
参考資料(荻原教授)  イメージ路線映像を見る  資料T  資料U

新型低床路面電車:ニュースな技術ニュースな技術

日本経済新聞社
次世代路面電車は「架線レス」 電池車両が商用段階に
                         参考資料

環境負荷の低減と地域活性化を実現
                         参考資料

本牧LRV協議会 役員/事務局協議会

会 長
(会長職ご依頼中)
会長代行
鶴田 理一郎
技術顧問
山下 浩二(工学博士)
事務局長
二藤 忠
事務局次長
鳥海 光夫
事務局
横浜市中区根岸町2−100
電話:050-5526-1461 / FAX:045-621-1329
mail:info@ejrb-y.jp

LRT関連新聞・雑誌記事掲載情報一覧

2007年6月7日
「本牧にLRTを 関係機関に陳情へ」:神奈川新聞社
                          記 事
2005年10月27日
「本牧にLRTを走らせよう」:建通新聞社
                          記 事

LRT導入、他都市の動き

産經新聞社
宇都宮市、LRT導入へ加速:2011年11月12日、佐藤栄一市長発表
                          記 事

活動報告新着情報

2013年6月3日
「本牧の未来の交通網を考える会」第14回会合
2013年5月3日
「本牧の未来の交通網を考える会」第13回会合
2013年4月3日
「本牧の未来の交通網を考える会」第12回会合
2013年3月4日
「本牧の未来の交通網を考える会」第11回会合
2012年12月04日〜2013年2月27日(必着)
「本牧の未来の交通網を考える会」では、
“本牧の未来の交通網”につて広く一般の方から論文・小作文及び写真(昔のものも可)を募集
入賞作品:図書券贈呈(論文・小作文及び写真部門)
      会長賞=¥10,000-
      優秀賞=¥5,000-
      入賞 =¥3,000-
※応募作品の著作権は、当会に帰属します。
応募先:231-0834 横浜市中区本牧三之谷18-8
    本牧の未来の交通網を考える会
      会長 藤木 幸夫

タウンニュースにアイデア募集掲載
2013年2月4日
「本牧の未来の交通網を考える会」第10回会合
2012年12月3日
「本牧の未来の交通網を考える会」第9回会合
2012年11月3日
「本牧の未来の交通網を考える会」第8回会合
2012年10月3日
「本牧の未来の交通網を考える会」第7回会合
2012年9月3日
「本牧の未来の交通網を考える会」第6回会合
2012年8月3日
「本牧の未来の交通網を考える会」第5回会合
 呼びかけ人・発起人会 会長 藤木 幸夫氏 出席
2012年7月3日
「本牧の未来の交通網を考える会」第4回会合
2012年6月13日
一般社団法人本牧LRV協議会の法人登記
会社法人等番号 0200-05-010405
法人設立届出書提出:横浜県税事務所長/横浜市長
2012年6月3日
「本牧の未来の交通網を考える会」第3回会合
2012年6月1日
一般社団法人本牧LRV協議会の法人登記申請
2012年5月22日
一般社団法人本牧LRV協議会の定款認証
2012年5月10日
一般社団法人本牧LRV協議会の定款作成準備
2012年4月11日
「本牧の未来の交通網を考える会」第2回会合
2012年4月3日
本牧の未来の交通網を考える会
鶴田理一郎会長代行・福島直子市議会議員・二藤の3者会議
2012年3月28日
本牧LRT協議会から本牧LRV協議会に名称変更
2012年3月27日
(仮称)協働部会・(仮称)地域交通部会の設置に向けた意見交換会
横浜市都市整備局交通課 横浜市交通政策推進協議会
2012年3月27日
「本牧の未来の交通網を考える会」設立総会
横浜港運協会 会長 藤木 幸夫様に発起人の会長職をお願いし、第1回会議を行う。
2012年3月21日
川崎重工業株式会社
車両カンパニー営業本部 機器・工事営業部長 内藤 明宏
「本牧の未来の交通網を考える会」設立総会に向けた技術講演打合せ。
2012年3月7日
「本牧の未来の交通網を考える会」設立総会準備
約88人の方に案内状を発送。
2012年2月27日
「横浜本牧観光協会の総会」において横浜本牧観光協会理事を兼務
 横浜本牧観光協会の交通担当理事に就任。
2012年2月26日
山下 浩二 工学博士、当協会最高顧問就任
2012年1月27日
一般社団法人 EV安全協会
 山下 浩二 工学博士に面会
 本牧LRT協議会の活動に対し、全面的協力を頂く
  経歴
2012年1月16日
本牧LRT協議会の ポスター作成
2011年11月28日
神奈川県知事・横浜市長の会
 神奈川県知事  :黒岩 祐治氏
 横浜市長    :林 文子氏
2011年11月15日
財団法人運輸政策研究機構主催の研究テーマ発表会後の懇親会会場の席において、国土交通省国土交通審議官 北村隆志氏・総合政策局次長 瀧口敬二氏に「本牧LRT事業推進」の説明とご協力のお願いをする。
名刺交換を行う。
2011年10月31日
藤木幸夫様に本牧LRT協議会会長職就任依頼の事前打合せ
 横浜本牧観光協会会長  :鶴田理一郎氏
 横浜市議会議員     :福島直子氏
 本牧LRT協議会事務局長:二藤忠
2011年6月19日
第1回本牧LRT協議会との議員懇談会を開催。
2011年3月9日
「(仮称)協働部会に関する第1回意見交換会」に出席。
主催:横浜市都市整備局 都市交通課 横浜市交通政策推進協議会
2010年5月20日
財団法人運輸政策研究機構主催の研究テーマ発表会後の懇親会会場の席において、国土交通省国土交通審議官 大口清一氏に「本牧LRT事業推進」の説明とご協力のお願いをする。
名刺交換を行う。
2009年12月6日
第1回本牧住民のかたへの署名活動とチラシ配布をマイカル本牧1番街店前で開始。
以後、定期的に署名活動を行う。
2009年11月30日
横浜本牧観光協会の協力のもと本牧LRT協議会設立。
2009年7月4日
横浜会議 第6回政策研究発表会
ECOエネルギー地産地消型街づくりと公共交通システム(ETC)
研究テーマのプレゼンテーション
主催:横浜市政策局政策部政策課
2009年5月19日
財団法人運輸政策研究機構主催の研究テーマ発表会後の懇親会会場の席において、国土交通省事務次官 春田謙氏に「本牧LRT事業推進」の説明とご協力のお願いをする。
名刺交換を行う。
2009年2月18日
第14回地球温暖化対策部会 第4回意見交換会
「題材:温暖化効果ガス排出の少ない交通利用を広めるための制度はどうあるべきか?」
ショートスピーチ:本牧トランジットシティ構想発表
主催:横浜市環境創造審議会
2009年1月5日
国土交通省総合政策局長 宿利正文氏・総合政策局次長 福本秀爾氏に新年の挨拶と、「本牧LRT事業推進」についての詳細説明と要望書を提出する。
2008年11月25日
財団法人運輸政策研究機構主催の研究テーマ発表会後の懇親会会場の席において、国土交通省総合政策局長 宿利正文氏・総合政策局次長 福本秀爾氏に「本牧LRT事業推進」の説明とご協力のお願いをする。
名刺交換を行う。
2008年11月25日
財団法人運輸政策研究機構主催の研究テーマ発表会後の懇親会会場の席において、東日本旅客鉄道株式会社 清野智氏に「本牧LRT事業推進」の説明とご協力のお願いをする。
名刺交換を行う。
2008年5月27日
横浜市都市整備局藤田部長に「本牧LRT事業推進プロジェクト」として要望書提出。
2008年2月7日
横浜市市議会議長に「本牧LRT事業推進プロジェクト」として陳情書提出。
データを見る
2006年10月22日
本牧LRT事業推進プロジェクトを立上げと規約の準備。
2006年8月10日
本牧LRT事業推進プロジェクト設立準備チームとして。
「横浜の新しい交通政策」市民意見交換会発表
データを見る
2005年11月3日
横浜発!市民が提案する新未来構想プロジェクト
横浜会議長期ビジョン研究会
提案発表:歴史的文化国際観光都市横浜の未来
ショートスピーチ:本牧にLRTが街づくりに必要なのか?発表
横浜市発行「調査季報158号特集」に掲載
主催:横浜市政策局政策部政策課
2005年7月12日
第2回本牧地区住民説明会を開催
「本牧LRTワーキング」として開港150周年事業に向け本格始動。
以後、定期的に住民との対話活動を行う。
2005年7月9日
横浜会議 第2回政策研究発表会
国際観光都市横浜の未来とブランド本牧にLRTを走らせる必要性と魅力
ショートスピーチ:本牧にLRTの必要性を発表
主催:横浜市政策局政策部政策課
2005年5月21日
本牧LRT事業体準備委員会設立
2005年2月26日
第1回本牧地区住民向けのLRT会合

バナースペース

ナビゲーション

一般社団法人 かながわ福祉
  リフォームサポート機構

国の助成事業コンサルティング

一般社団法人本牧LRV協議会

協同事業支援パートナー

リフレッシュ山手店
有限会社
シンセリティ・トリートメント・カンパニー

加盟法人賛助会員

特定非営利活動法人
エコ住宅リサイクルバンク

〒231-0836
横浜市中区根岸町2−100

TEL 050-5526-1463
FAX 045-621-1329